防水工事や屋上工事、外壁工事なら京都のシーワにご相談ください。 シーワロゴゴ

防水工事や屋上工事、
外壁工事なら京都のシーワにご相談ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

075-583-1912

受付時間 : 月~土 9:00 ~ 18:00

時間と共に建物は雨風や日差しによりダメージを受けて劣化していきます。

なぜ防水加工が必要なのか?

常に外にある建物は雨や風、日差しによりダメージを受けています。
気づかないうちに防水層が劣化し、建物の見えない所にクラックが発生したりします。
クラックなどから雨水が入る事でよりダメージが増えたりし生活環境の悪化に繋がります。
建物を日々のダメージから守る為にも防水工事は必要になってくるのです。

防水層の修繕時期って?

一概に築何年目といった最適な時期はありません。
建物の置かれている環境や建物自体の構造などにより劣化年数が変わってきます。
また、カラスやハトなどが屋上や屋根を突き穴を開けてしまうこともあります。
これらは建設時にいくら優れた防水工事を施しても防げるものではありません。
その為、建物の状態を調査し確認する事でしか修繕するタイミングを計る事ができません。
なので一般的に10年~15年で修繕する必要があります。

防水の寿命を延ばすには?

一般的な修繕時期より2~3年ほど前に防水層の点検調査を行い、不良箇所を早めに発見して、部分的な修繕・改善を行えば防水層の延命に繋がります。
防水層の延命をする事で建物全体の寿命を延ばす事に繋がります。

お客様が自身で出来る防水対策!

半年に1度程度、ビルの屋上などに上がり屋上の排水溝回りをきれいにして水はけを良くしたり、屋上に生えたコケや草をむしる等、掃除をすることで防水層の寿命を延ばせますし、問題が発生した場合すぐに異変に気づく事ができます。